本の蜜月

本のことを書きます。

博士の愛した数式/小川洋子 記憶を保てない博士と家政婦母子の友情

友愛数だ。滅多に存在しない組合せだよ。フェルマーだってデカルトだって、一組ずつしか見つけられなかった。神の計らいを受けた絆で結ばれ合った数字なんだ。美しいと思わないかい?君の誕生日と、僕の手首に刻まれた数字が、これほど見事なチェーンでつながり合っているなんて

 

f:id:longlongvacation:20211230174205j:plain



 

あらすじ・紹介

家政婦の「私」は、ある老人を世話するために派遣される。彼は数学者であり、事故の後遺症によって80分しか記憶を保持することができなかった。博士との日々の中で、私と私の10歳の息子・ルートはたくさんのことを学び、友情を育んでゆく。

 

感想など

すごく有名だけれど読んだことのない作品のひとつで、タイトルと「記憶が保てない数学者が出てくる話」とだけ知っていた。最近知り合いから譲っていただいたので読んでみた。

とても優しいお話だった。博士は記憶が保てないことで当然様々な困難があるけれど、「私」やルートはそれを面倒がったりせずに受け入れて、当たり前の人付き合いをする。博士も多少変わったところはあっても心根の優しい人だし、メインの人物に嫌な人がいなくてストレスなく読めた。特別でないことのように書かれる「普通の思いやり」が、現実ではきっとなかなか得難いもので、こんな風でありたいなぁと思えた。

また、文章が美しかった。私は数学がとても苦手なので、数学にまつわるさまざまな話はいまいちありがたみが理解できないものが多かったのだけれど、それを語る博士の言葉選びや受け取る「私」の表現が美しくて、わからないなりにその一端に触れさせてもらった感じがした。特に、数の並びを神様のレース編みに例えるのが綺麗で好きだ。「私」のために博士は易しい言葉で説明してくれるので、難しい話をしていても鼻につく小難しさは感じないので、それもよい。

本格的に数学を勉強していたらこの本を読んでどう感じるのか、そういう人の感想も聞いてみたいと思った。

風の万里 黎明の空/小野不由美 苦難を抱えた少女たちの成長

「人間って、不幸の競争をしてしまうわね。本当は死んでしまった人が一番可哀想なのに、誰かを哀れむと負けたような気がしてしまうの。自分が一番可哀想だって思うのは、自分が一番幸せだって思うことと同じくらい気持ちいいことなのかもしれない。自分を哀れんで、他人を怨んで、本当に一番やらなきゃいけないことから逃げてしまう……」 

 

f:id:longlongvacation:20210911175911j:plain

あらすじ・紹介

十二国からなる世界で、三人の少女たちは苦難を抱えていた。景王となった陽子は、王としての役割を果たせず、女王であるために臣下の信を得られずに思い悩む。百年前にこちらの世界へ流れ着いた海客の鈴は、仕える洞主に苦行を強いられ嘆く。先の峯王の娘である祥瓊は、父が弑されてから送られた里家で虐げられて憤る。三人はそれぞれ現状を打破すべく行動し、出会いをきっかけに成長していく。旅の末に、腐敗のはびこる慶国で彼女たちを待ち受けるものとは。

 

※注意※ 十二国記エピソード3までの内容にも触れています。未読の方はご注意ください。

 
感想など

苦境に置かれた少女たちがそれぞれ状況に立ち向かい、成長して前に進むお話。2で麒麟という生き物について、3で王に求められることと王と麒麟の関係を描き、満を持しての長編というところ。これまでは各巻で東側の1~数国が舞台だったのと比べてスケールが大きく、十二国世界の広さを感じた。

ストーリーはエピソード1『月の影 影の海』のその後から始まる。王となった陽子が見られて嬉しかったし、異世界からきた女の子が王になるというとんでもない状況からの苦労がしっかり描かれていて好感が持てた。初登場時から見ると本当にかっこよく立派になったし、慶国の今後が楽しみ。

鈴と祥瓊は辛い境遇で心を荒ませていて、旅に出た先で鈴は清秀と、祥瓊は楽俊と出会い、少しずつ変わっていく。私は特に鈴の弱さに共感した。海客である鈴は言葉の壁にぶつかり、それを解決してくれる仙という立場のために百年もの間、嫌がらせをしてくる洞主にかしずいて過ごす。鈴の心情には自分と似たものが感じられて、読みながらいやな気持ちになった。自分で行動せず誰かに助けてもらうことを空想したり、自分に優しくない意見に反発したり、自分を哀れむばかりに人の不幸を軽んじたり、そういう自己中心的な弱さを見せられる度に我が身を振り返ってしまう。清秀の言葉がすごく刺さった。

祥瓊に足りなかったと言われた立場ある者の振る舞いは、今後陽子にそのまま求められてくるものになる。天啓という正直よくわからないものによって突然自分や家族が王に選ばれて、上に立つ者としての行いを求められるってなかなか厳しいなと感じた。それも驍宗や尚隆のようなもとからそれなりの立場にあった者だけでなく、前の景王や陽子のように普通の女の子でも、祥瓊のように何も教えられなくても、正しい振る舞いができなければ恨まれる。当然といえば当然だけど残酷な世界だなあと思った。今回新しく王が何人か出てきたけれど、各国の王やその周辺の人々について想像が膨らむ。

特に好きなシーンは三人が城壁の上で話をするところ。というか、そこから先の終盤は全部好きだ。終盤のための長い積み重ねがどんどん繋がるクライマックスは、長編推理小説のような快感があった。彼女たちが今後どんな活躍をしていくのかとても楽しみ。

ペツェッティーノ じぶんをみつけたぶぶんひんのはなし/レオ=レオニ

かれは ちいさくて きっとだれかの とるに たりない ぶぶんひんなんだと おもって いた。

f:id:longlongvacation:20211010211442j:plain

 

 

感想など

ずっと大事に手元に置いている絵本。自分に自信がないひと、自分のことを「とるに たりない」ものだと思っているひとにぜひ読んでもらいたい。

表紙右下の、小さなオレンジ色のまるっこい四角がペツェッティーノ。小さくてなんのとりえもない彼は、自分のことを誰かの「ぶぶんひん」なのだと思っている。彼の友達はみんなもっとカラフルで大きくて、なにか特技を持っているから、そうでない自分は何かの一部に違いないと思っているのだ。

ペツェッティーノは、自分が一体誰の部分品なのかを確かめに旅に出る。そして、自分は自分であるということに気づく。鮮やかで抽象的なコラージュ画とひらがなだけのやさしい文章に、すごく大切なことを感じる。どんなに小さくても、できることが無くても、決して誰かや何かの一部なんかではない。自分は自分なんだ、胸を張ろう。そんな風に思わせてくれる。

「私は私なんだ」と再確認したいとき、この絵本をひらく。何かに疲れてへこたれた自分を小さなペツェッティーノに重ね、一緒に船出する。強烈なマーブル模様の海を渡るページがお気に入りだ。そしてこなごなになった自分をきちんと拾い集めて、胸を張って帰る。自分をみつけた愛らしいオレンジ色が、ちっぽけな自分に少しだけ自信を分けてくれる。

宿で死ぬ 旅泊ホラー傑作選/朝宮運河 編

ホテルや旅館を舞台にした旅泊ホラーを集めたアンソロジー

f:id:longlongvacation:20210923180619j:plain

 

あらすじ・紹介

ひっそりとたたずむ老舗の旅館や、どこか懐かしいグランド・ホテル―—。非日常に飛び込む旅の疲れを癒し、心やすらぐべき「宿」を舞台としたホラー作品は今も昔も人の心を惹きつけ続ける。その空間に満ちているのは、恐ろしさ、不気味さ、美しさ、そして……?「逃亡不可能」な短編を一挙集結!珠玉の傑作アンソロジー。(文庫裏表紙より)

初出が1958~2014と幅広い11作品を収録。オーソドックスな怪談もの、実録っぽいもの、時代ものなどバラエティ豊か。さまざまな旅先の怪異に出会える。

 

感想など

きれいにオチがついた作品がある一方、えっここで終わり?となるものも。ホラーはミステリーと違って謎が解ける必要がなく、盛り上がったところでふいっと終わってしまうことがある。そういう作品にはすっきりしない読後感が良いなと思えるものと、なんだか尻切れトンボに感じるものがあった。

とくに印象深かった作品、好きな作品などの感想を書く。

 

屍の宿/福澤徹三

感じの悪い女将、ぬるいビールに大きな蛾など、嫌な宿の描写がありそうな感じに嫌すぎてよい。不倫カップルなのでちょっといい気味だくらいに思っていたら、見事なオチだった。家主からすればとんだ迷惑。

 

残り火/坂東眞砂子

夫にかしずいてきた老齢の女性が一歩踏み出し、呪縛から解き放たれる話。怪現象はあるけれど人の心がメインな感じが良かった。伴侶に横柄な態度をとる人に読ませて肝を冷やさせたい。

 

湯煙事変/山白朝子

江戸時代の旅本作家とダメ人間な付き人の二人が旅先で不思議な体験をする。二人の程よくドライな距離感がよい。死んでしまった人たちへの切ない思いが胸にじんときた。今は写真や動画が発達して、いなくなってしまった人をありありと再現することができるけれど、心の中で色あせていってしまう寂しさは変わらないと思う。シリーズ物の一編であるようなので、他の作品も読んでみたいと思った。

 

螺旋階段/北野勇作

虚構と現実が交じり合うところで不気味に揺蕩う感覚が味わえた。狭い螺旋階段を降りるときの不安定な感じを思い出しながら読んだ。最近ホラーではないが下り階段が延々と続いて戻れなくなるところから始まるお話を読んでいたのでタイムリーだった。この彼のお話はどうなってしまうのだろう。

選ばなかった冒険ー光の石の伝説ー

 

トマトと満月/小川洋子

ちょっとわけのわからない、いい意味で気持ち悪い作品。おばさんはおかしいのだが主人公もホテルもどこかおかしいし、夏の暑い日なのに背筋が寒いようなちぐはぐさがあっていやな感じだった。連作短編集の一編のようなので、続けて読んだら感想が変わるだろうか。

 

 

夏の庭 The Friends/湯本香樹実 少年たちとおじいさんのひと夏の交流

死んでもいい、と思えるほどの何かを、いつかぼくはできるのだろうか。たとえやりとげることはできなくても、そんな何かを見つけたいとぼくは思った。そうでなくちゃ、なんのために生きてるんだ。

 

f:id:longlongvacation:20210911173625j:plain



あらすじ

小学六年生の三人組、木元、河辺、山下は、町はずれの古い家にひとりで住んでいるおじいさんをこっそり観察することにした。もうすぐ死んでしまいそうだと噂される彼が死ぬ瞬間を見るためだ。夏休みに入り、毎日毎日おじいさんの家へ出かけるけれど、おじいさんはなかなか死にそうにない。見張っているのがばれてからは、かえって元気になっていく気がするくらいだ。少年たちとおじいさんは、だんだんと交流を深めていく。

 

感想など

子どもにも大人にも読んでほしい作品。少年たちとおじいさんの友情に胸がじーんとなる。少年たちの年頃特有の考え方や人間関係の描写がとてもリアルで、自分の子どもの頃が思い起こされて懐かしい気持ちになった。現役小学生の感想も聞いてみたい。

死ぬということを知りたいから独居老人が死ぬところを見ようという、子どもの素直な興味と残酷さから始まった関係。少年たちにとってただの観察対象だったおじいさんは少しずつ「ひとりの人間」になり、手伝いに通い詰めるうちに歳の離れた友人と言えるほど親しい関係になる。少しずつ縮まっていく距離感が微笑ましかったし、少し羨ましくなった。

家庭や学校に問題を抱え、鬱屈としたものを持つ少年たちにとって、おじいさんとの交流は心の穴を埋めてくれるものだったと思う。おじいさんの方も、少年たちと関わることで生き生きとしていく。きっと少年たちという他人の目があることで生活に張り合いが出たし、何かを教えることが楽しかったと思う。読みながらとても祖母に会いたくなった。

死ぬってどういうことなのか、始まりの問いの答えをおじいさんは最後に教えてくれる。その別れは突然でとても悲しいけれど、怖いものではなかった。おじいさんは亡くなり、おじいさんの家も取り壊しが決まり、三人はバラバラの道を歩み始める。でも彼らには決して消えない思い出と確かな成長がある。あの世に知り合いがいるんだと思ったら、夜中のトイレも怖くない。とても清々しいラストだった。

死を考えることは生を考えることだ、と私は思っている。この本でもやっぱりそうだと思えた。死について考えようとすると、生きているってどういうことなのか、どう生きていきたいかということに考えがいくのだ。私も少年たちのように何度も考えたし、これからも考え続けていきたいと思う。